プロフィール

皆遊魚

Author:皆遊魚
初めまして!
台湾航路にようこそ!
最近、色んな史実を知って台湾が好きになりました。
このブログでは今後共、相思相愛になれそうな台湾(人)について語って行きたいと思います。
ものぐさですが、お付合の程、宜しくお願い申上げます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2アフィリエイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご存知の様に日本と台湾は戦前、中、後を経て様々な交流をしてきました。
日本に対する意識や嗜好もその時代背景によって様々です。
日本親日派vs反日派、色んな台湾人がいらっしゃいます。
今回は、‘親日派’の台湾人について見て行きます。
この日本‘親日派’は大きく分けて3世代です。
 ※1.日本統治時代の日本語教育受講(本省人)世代、2.国民党反日教育受講世代、3.2の子供世代

1.については、‘親日派’というより‘知日派’本省人層と言っても過言ではありません。
なぜなら、日本統治時代の日本語教育を通じて日本文化はもちろん、教養、道徳、知識や台湾のルーツ等を消化吸収した上で人格形成しているからです。
また、戦後、大陸から来た‘国民党’統治を経験しているため、日本vs大陸の教育、道徳基準の違いから来る生活変化を身をもって体験しているので、‘日本時代’の遺産を愛好されておられます。
未だに台湾原住民族(高砂族)の高齢者間では、日本語で意思疎通を図っていたり、また多くの日本語世代で今なお日本語書籍を読破し、日本語で考える台湾人も珍しくありません。
この世代の方々は、今の我々、現日本人よりも遥かに日本人らしい台湾人です。
また、今でも日本を懐かしんで頂いている方がたくさんいらっしゃいます。
 ※ 李登輝、蔡焜燦(さいこんさい)、許文龍、金美齢(日本国籍) / 敬称省略

2.の世代については、戦後の‘国民党’の反日・北京語教育を受けながらも、1.の‘日本語世代’から‘史実’教育を受けてきた世代です。
‘日本統治時代’の事はもちろん‘日本語の聴き取り’が出来る人もしばしばいます。
ただ、この世代より大陸渡来の‘外省人’が加わるため、1.の世代に比べると親日の割合は少ないかもしれません。
 ご両親や日本のテレビの影響で、‘日本文化’を贔屓にしている人もたくさんいます。

3.の世代については、1.の‘日本語’世代の孫になるため、学校の‘反日教育’による日本史理解が濃い様相です。
そんな事情に反し最近、日本のキャラクターやアニメ、音楽等が若い台湾世代を中心に広く受け入れられているようです。
その結果、‘哈日族’(ハーリーズー:日本びいきの若い世代の意味)の言葉も生まれました。
今では日本の人気声優が来台すると、‘満員御礼’で会場が寿司詰め状態になる程の熱狂です。

なお近年、台湾人の間で‘日本旅行’も盛んになり、来日する機会も増えているようです。
Welcome to Japan !!

‘日本文化’に理解のある台湾の皆様、今後共、お付合の程、宜しくお願い申上げます。
 
 謝 謝 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blogestrun.blog134.fc2.com/tb.php/7-cea90788

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。