プロフィール

皆遊魚

Author:皆遊魚
初めまして!
台湾航路にようこそ!
最近、色んな史実を知って台湾が好きになりました。
このブログでは今後共、相思相愛になれそうな台湾(人)について語って行きたいと思います。
ものぐさですが、お付合の程、宜しくお願い申上げます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2アフィリエイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾を訪れた時、話す言葉はもちろん『台湾語』です。
ただ、'北京語'で授業が行われている事情もあり、『台湾語』を話せない若い世代も都市部等いるようです。
ですから、現地で『台湾語』が通じない場合は北京語、英語、筆談を使うと良いでしょう。
また、台湾旅行者多数が言葉の壁は『筆談が有効』とコメントが多く、筆記用具の携帯を勧めています。
これも漢字圏に生まれた役得でしょか?コミュニケーションの幅が広がるのは嬉しい事です。
さて、様々な民族が集まる台湾では、昔から使われている独自の言語が多数あります。
もともと、'台湾語''客家語''先住民族語(複数種類)'があり、今なお日常で使われております。
大東亜(太平洋)戦時中、日本が台湾統治をする際、公用語を'日本語'とするまで異種族間とのコミュニケーションを取ることはあまりなかったようです。
ちなみに今でも当時の'日本語教育'の名残で、先住民族間同士で会話する際、'日本語'でコミュニケーションを取っていることもしばしばあるそうです。
戦後、日本人が本国に引揚げた後、中国大陸から'国民党'が入って'北京語'を公用語とし、今日に至ります。
当初、国民党政府では'北京語'以外はタブーとする政策を掲げ、すでに根付いていた'日本語'の使用禁止はもちろん、'台湾語''客家語'
'先住民族語'の使用軽視としていました。
最近、消えてゆく自分達の母国語('台湾語''客家語''先住民族語')を護る意識が国民に広がり、その結果、テレビや学校教育での土着言語の表記等を積極的に行っています。
しかし、どうして統治していた日本(語)が未だ台湾に根付いているのでしょうか?
続きは、別の機会にしましょう。
 ※‘日本文化が好き?’の「台湾@世代別‘日本観’」参照

 謝 謝

参考資料:
http://yirodori.blog49.fc2.com/blog-entry-87.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blogestrun.blog134.fc2.com/tb.php/2-31c91e49

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。