プロフィール

皆遊魚

Author:皆遊魚
初めまして!
台湾航路にようこそ!
最近、色んな史実を知って台湾が好きになりました。
このブログでは今後共、相思相愛になれそうな台湾(人)について語って行きたいと思います。
ものぐさですが、お付合の程、宜しくお願い申上げます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2アフィリエイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界各国、人種も違いますし、生活スタイルも異なります。
今回は、日本に遊びに来た台湾人の‘食’についての意見をご紹介します。

・「台湾人は目で食べる」
最も大切なのはボリューム、2番目が品数、味は3番目である。
料理は小出しにするよりは、ご飯を含む全ての料理を一度に出すと、全体のボリュームと品数が一目瞭然となり歓迎される。
日本では料金に比例して食器の質も上がるが、台湾人にとっては「食器の質」が高いことよりも、「食事の品数」が多いことのほうが重要である。
日本のホテルの朝食ビュッフェは、台湾人には品数が少なく貧弱に見えるという意見もある。

・「鍋料理」が好きな台湾人?
鍋は温かい食事を好む台湾人の食習慣に合致している上、生魚に抵抗のある一部の人でも刺身を鍋に入れて食べることが出来るため歓迎される。
事実、台北市内には「日式鍋(日本式しゃぶしゃぶ)」を始め、各種鍋料理専門店が数多くある。
日本では鍋料理は冬のイメージだが、台湾では真夏でも冷房のきいた室内で鍋料理を食べる。

・台湾国内では「牛肉」を食べない?
日本では豚肉より牛肉の方が高級とされますが、台湾には牛肉を食べない人もいるため注意が必要です。
台湾人が牛肉を食べない理由としては、農作業で牛を使っていた時代の名残りであるとする説、牛は屠殺される時に涙を流すからとする説、宗教に由来するという説など諸説あります。
 ※来台の際、『吉野家』でメニューを確認したいですネ(笑)!

・台湾にも「素食家(ベジタリアン)」がいる?
台湾には「素食家(ベジタリアン)」と呼ばれる人達がいる。
程度に差があり、極端な場合だと肉、魚、卵はもちろん、ニンニクやネギ類、ニラといった根菜も食べない。
さらに、旧暦の1日と15日にベジタリアンと同じような食事をとる人もいる。
そのため、台湾では「素食」の看板を掲げるレストランをしばしば見かける。
なお、来日台湾ツアー参加者の中には、「素食家」が含まれる場合があり、ツアー会社の特別な対応が求められる場合もあるそうです。

・各国料理に対する思い
台湾人は、中華料理の本場は中国や台湾という認識が強いために人によっては、「本場でない土地で食べる中華料理は、本場より決しておいしいはずはない」という意見もある。
一方、「日本料理は日本が本場であるから、台湾のものより美味しいはずだ」と考えている。
そのため、観光関係者を視察ツアーなどに招請し歓迎会などを行う際には、日本国内での中華料理店利用は避けたほうが無難だそうです。

・「和食」についての捉え方
台湾人は、寿司やそば、うどんに日本情緒を感じる。
ただし、台湾では麺類は音を立てずに食べるのがマナーであり、そばなどを豪快にすすりながら食べる人はあまり見受けられない。
 『うどん・そば』の「すすり」意識は、欧米旅行者と同じでしょうか?
 
以上、簡単な台湾人・食の考察です。
改めて見てみると、日本の隣国(台湾、大陸、半島)では、食事の‘味質’<‘品量圧巻’に軍配があがるようです!
この傾向は、それぞれの国の特徴=伝統文化、物造り等にとても現れているように思います。
来台の際、目の前にたくさんの料理を並べられたら『歓迎』の印として有難く頂きたいと思います。
 
再 見

参考資料
http://www.jnto.go.jp/info/support/tokusei/taiwan2.html
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。