プロフィール

皆遊魚

Author:皆遊魚
初めまして!
台湾航路にようこそ!
最近、色んな史実を知って台湾が好きになりました。
このブログでは今後共、相思相愛になれそうな台湾(人)について語って行きたいと思います。
ものぐさですが、お付合の程、宜しくお願い申上げます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2アフィリエイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本と台湾はいつ出会ったのでしょうか?
今回は、両国の歴史を遡って、ご案内します。

1543年 ポルトガル人、種子島に漂着=日本へ鉄砲伝来
1544年 ポルトガル人が台湾島を発見 
 ※台湾の別称'フォルモサ(美しい)'はこの時、ポルトガル語によって名付けられた
 ※明王朝時代で'倭寇(日本海賊)'が近海で暴れており、時折、明の海上保安隊に追われ劣性になると倭寇が台湾へ避難していた
1593年 豊臣秀吉が台湾(高山国)へ朝貢を促す文書を届けるが失敗

1624年 オランダ統治時代(~1661年)
 ※台湾を(明王朝と交渉後)領有し、中継貿易拠点とする 
 ※'東インド会社'を設立し、台湾土地開発のため大陸より漢人入台を進める
 ※江戸時代(徳川幕府)、オランダとの軋轢のため、日本の貿易拠点'平戸(長崎)'を閉鎖
 ※この間、スペインも領有に乗出すがオランダに追い出される

1661年 鄭明(漢族)・統治時代(~1684年)
 ※鄭成功(日中のハーフ~1662年)、台湾からオランダ人を追放
 ※鄭一族の「反清復明」をスローガンの下、台湾統治/23年間 
 ※台湾で明王朝復興活動するも、孫の代で清に滅ぼされた
 ※清朝側の台湾封鎖政策の反動で密貿易が活発になり、台湾密入国者が急増し先住民と通婚が流行る

1684年 清朝(満州族)統治時代(~1895年)
 ※清朝自身は台湾を積極的に開拓しようとしなかった
1894年 日清戦争勃発(~日本勝利) ※朝鮮内乱がきっかけ

1895年 日本統治時代(~1945年) 
 ※下関条約締結:清王朝が台湾を日本に割譲
 ※当初、日本軍の武力統治後、台湾産業・教育育成開始
1899年 台湾銀行 開業
1900年 台湾製糖 創立
1908年 台湾縦貫鉄道 開通
1911年 辛亥革命(四川省) 勃発
1912年 中華民国(南京:孫文) 宣言
1923年 皇太子(後の昭和天皇)が台湾を視察
1943年 6年制義務教育 実施
1944年 徴兵制 導入
1945年 日本の台湾撤退(~日本敗戦)

1945年 国民党(外省人)統治時代 ※日本より台湾統治権獲得 
1947年 2・28事件 勃発
※台湾独立運動を押さえるために約11万人の台湾人を虐殺した事件
1949年 外省人(蒋介石、国民党兵)達の台湾亡命
1973年 日本と国交断交
1975年 蒋介石総統 死去
1976年 毛沢東党主席 死去
1979年 アメリカと国交断交

以上が台湾史の中の日本です。

改めて見ると、台湾は激動の歴史を潜り抜けてきた事がわかります。
やはり、'大航海時代'のヨーロッパの軌跡は、ここ台湾にもありました!
ポルトガル商船が'鉄砲'を日本まで届ける道すがら、台湾に上陸していたのでしょうか?
訪台時、'フォルモサ(美しい)'の由来について台湾人と話す機会があれば結構、ポイントが高いかもしれません(笑)
なお、オランダ統治中にスペインが割込みに失敗した理由の1つに、台湾北部侵攻時の'風土病'感染による人員被害が大きかったためといわれています。

一方、地理的に日本は沖縄から台湾に近いので、昔から交流があったのではないかと思っていましたが、日本人の台湾への1stコンタクトが'海賊稼業'の隠れ家としての接触だったとは、驚きました。
'ジョニー・デップ'のような'倭寇'が台南近辺で休憩していたのでしょうか(笑)

改めて'台湾年表'を見てみると、日台が深く関わったのは1895~1945年間の『日本統治時代』になります。
台湾統治初頭、武力で入場したので初めから日台友好とはいかなかったかもしれません。
ですが年表からも見て解るように、先に統治していた組織に比べ、日本統治時代が一番、台湾国土の建設や整備、教育を重視していたことが伺えます。
仮に日本が台湾を搾取するための植民地として見ていたのならば、インフラ整備はもちろん、教育体制の強化はまず行わないでしょう。
日本人の'手前味噌'的な見方ですが、後に台湾人に日本が受け入れられたのは、台湾国の発展や同じ価値観を共有したいと思う当時の日本人達の気持ちや姿勢が、そのまま台湾人に伝わったのかもしれません。
お陰様で、この間に色んな日本人が台湾を訪問し、交流していた事がわかりました。
実際、台湾史実を検索すると双方の交流についての'イイ話'が山の様に出てきます。
'日台美談'について興味があれば、仰って下さい。
'感涙'するお話をご用意致します(笑)
最後までご覧頂き有難うございます。
 謝 謝

参考資料:
http://ja.wikipedia.org/wiki/台湾の歴史
http://ja.wikipedia.org/wiki/日台関係史
http://ja.wikipedia.org/wiki/中国史時代区分表
http://www.bekkoame.ne.jp/i/funyara9/asia/taiwan/rekisi01.htm
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/6613/Taiwan/History/history.html


スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。