プロフィール

皆遊魚

Author:皆遊魚
初めまして!
台湾航路にようこそ!
最近、色んな史実を知って台湾が好きになりました。
このブログでは今後共、相思相愛になれそうな台湾(人)について語って行きたいと思います。
ものぐさですが、お付合の程、宜しくお願い申上げます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2アフィリエイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先日、台湾フォーラム(第14回)に、行ってきました
 集会のゲストに台湾語の大家「村上 嘉英」(台湾語エクスプレス著)先生が来ていたので、‘台湾語の声調’についてお尋ねしました。
 前回申しましたが、台湾語を習い始めて疑問に思ったのが欠番の‘第6’声調を何故、台湾語学参考書等で空白のまま残すのか。
 気になっていたため、この機会に先生に聞いてみました。

 村上先生の回答

~元々台湾語は古代からの1.南方漢族(福健省方面)言語、2.台湾先住民語の融合で今に至ります。
 1.で使われていた言語は‘8声調’あり、現・台湾語もこの影響で‘8声調’(7声調?)を使っています。
 昔、大陸では古代漢詩を作成する場合、この‘8声調’を基に作詩していました。
 例として、唐代の漢詩の大家である「杜甫」「李白」についても同様に欠番表記の‘第6声調’を含む全‘8声調’の‘韻’を使って漢詩創作をしていました。
 現在、台湾口語・文語共に使わない‘第6声調’をなお、台湾語の声調記述で空白にして残すのはこの漢詩創作時に使われる‘韻’に対する名残です。
 なお現在、大陸の公用語=北京語(全4声調)ですが、もし古代漢詩を北京語放送で見聞きした場合、第6声調の欠落により、作品によっては漢詩の意味が解らない場合があります。
 
 以上が先生との質疑応答で頂いた回答です。
 正直、難しい言語変遷は解りませんが、少なくとも古代漢語文献を理解する上で欠番声調(第6声調)が必要な事が解りました。

 また先日、台湾語教室(H22,11/13土)に出席の際、台湾語の声調講義の補足がありました(以下、引用)。
 
~本来の台湾語の声調は‘8声調’であり、陰&陽(@4声調)に対になって構成されています。

  平 上 去 入
陰 1. 2. 3. 4. (~声調)
陽 5. ⑥ 7. 8. (○=欠番声調)

 なお、声調において重要視されるのは‘陰’の発音であります。

 上記の‘陰陽’対比を見ていると、古代漢詩作成時に「陰-上」(第2声調)&「陽-上」(第6声調)を使った‘韻’を踏む作品を解読する時、「対声調」の件が解らなければ、漢詩の意味が解らなくなる事も考えられますネ!
 
 今回は、欠番声調に対しての理解が進みとても気持ちが良いです(笑)!
 今後とも、台湾語の学習、宜しくお願い申し上げます。
 
 多 謝

スポンサーサイト
台湾語の‘数字’表現についてです。
台湾語においても、1.口語、2.文語、共に独特の表現があります。
 ※口語=日本でも八百屋さんで買い物する時、「りんご、ふたつ(二つ)下さい」等、‘話言葉’としての数字を使います
 ※文語=西暦、数字を数える時、電車の時刻表現時等、「いち、に、さん、し、ご(1.2.3.4.5.)~」、お馴染みの表現です

口語    

0. ling
1. chit
2. nug
3. saa
4. siy
5. goh         
6. lak          
7. chhit
8. poeh  
9. kau
10. chap
11. -it
12. -ji
13. -saa
20. ji-chap
30. saa-chap
100. chit-pah
101. -khong-it
110. pah-it
200. nug-pah
1000. chit-chheng
10000. chit-ban

文語

0.khong
1.it
2.ji
3.sam
4.su
5.nugo
6.liok
7.口語と同じ
8. pat
9. kiu
10.sip
























 週末(10/9・雨)に『台湾語』教室へ行って来ました。
 悪天候のため参加者も少なかったです(17名前後)。
 今回は、以下の復習(~31p:数の数え方)&隣ペアで模擬会話をしました。

a.「あいさつ」
b.「あいさつ」②
c.「便利」表現
d.「呼掛け」
e.「数字の数え方」
→ 上記を組合わせて、擬似‘買い物’会話

a.「あいさつ」
賢 早(Gau-cha)= おはよう
汝 好(Li-ho)= こんにちわ
多 謝(To-sia)= 有難う
Be (Ben kee kii)= どういたしまして

b.「あいさつ」②
Phai 勢= 済みません(軽く謝る時使用)
失 礼(Sit-le)= 申し訳ございません。
食 飽 be(Chiah pa be)?= 食事は済ませましたか?
食 飽 ah(Chiah pa ah)?= 食べました。
猶 be(A-be)= 未だです
汝 leh(Li-leh)= あなたは?
Bai-Bai= バイバイ
再 会(Chai-hoe)= さようなら

c.「便利」表現
這 若 済 銭(Che goa=che chi)?= これはお幾らですか?
我 beh 愛 這(Goa beh-ai che)?= これを下さい!
免(Bian)= 要りません ※不用(北京語)
☆這 ‘台湾話’ beh an-choa 講(Che Tai-wan-oe beh an-choa kong)?
= これは‘台湾語’でどう言うのですか? 
★我 聴 無(Goa thia bo)= 聞き取れません
★請 講 較 慢 leh(Chhia kong khah ban leh)= もう少し、ゆっくり話して下さい。
★請 koh 講 chit pai(Chhia koh kong chit-pai)= もう一度、言って下さい。
請 sia 落 莱(Chhia sia-loh-lai)= 書いて下さい。
※★☆=頻度が高いです

d.「呼掛け」
[男性へ]先 生(Sin-se/Sian-si)= 済みません
[女性へ]小 姐(Sio-chia)= 済みません
[店主(男)]頭 家(Thau-ke)
[店主(女)]頭 家 娘(Thau-ke-niu) 
※‘娘’表記ですが、年配の‘女性店主’でも同表記です 

e.「数字の数え方」
1.口語表現
2.文語表現

 ‘買い物’会話では、頭が真っ白になり‘単語’が出て来なかったです(涙)
 練習が必要です。
 
 多 謝

参考資料
・教科書:『すぐ使える!トラベル台湾語』近藤綾/温浩邦 著 日中出版(\2310-/定価)
 http://www.amazon.co.jp/すぐ使える-トラベル台湾語超入門-近藤-綾/dp/4817512695
『台湾語』講師より使う頻度が高い文章を習いました。
※以下、‘声調記号’を付ける術を知らないため割愛 

1.‘聞き取れません’
→ ‘我 聴 無’(Goa thia bo)
2.‘もう少しゆっくり話して下さい’
→ ‘請 講 較 慢 leh’(Chhia kong khah ban leh)
3.‘もう一度言って下さい’
→ ‘請 koh 講 chit pai’(Chhia koh kong chit-pai)
※‘請(チャー)’=‘Please’

『台湾人』同士でも、これらの文章はよく使うみたいです。
また、『台湾語』では『あいさつ表現』を中心に『2度繰返す』使い方も多いようです。

1.‘お早うございます’→ ‘賢 早’(Gau-cha/ツァ)×2
2.‘こんにちわ’→ ‘汝 好’(Li-ho)×2
3.‘ありがとう’→ ‘多 謝’(To-sia)×2
4.‘スミマセン’→ ‘pai 勢’(pai-sei)×2
5.‘さようなら’→ ‘再 曾’(Chai-hoe)×2

‘声調’をすぐにマスターするのは難しいので‘形’から入りましょう!

 多 謝 ×2

9/25(土)14時~、『台湾語』教室(2h/京・伏見区)に参加して来ました。
授業では自家製の資料&市販の教科書を使い、講師の発音を手本に復唱していきます。
本日の受講内容は‘台湾語基礎’~‘数の数え方’(2~31p)までの消化です。※教科書詳細、下記参照

【難解な点】
1.‘声調’に基づく発音
2.‘声調記号’が瞬時に判断出来ない
3.‘口語’&‘文語(書面表記)’で表現が違う
4.『トラベル台湾語』の内容のため、‘日常会話’を作り難い

1.2.について
アジア言語では、‘声調’が言葉の意味の決め手になります。
日本では、日常生活で単調な大和言葉を使っているため、‘声調’に沿った発音を苦手とする傾向があります。
なお、『台湾語』の声調は‘8’種類あります。
 ※しかし、‘第六’声調は(第二声調と同じ声調のため)欠番になっています/何故、‘7’種類と表記しないのでしょうか(謎)?
これから‘声調記号’表記の慣れも含め、それぞれの単語に応じた‘声調発音’を練習して参ります。

3.について
‘話し言葉’&‘書き言葉’の表現・表記の違いが台湾語にもあります。
例.) 台湾語での数字表現・表記の違い

4.について
受講前に台湾語で‘自己紹介’文(私の名前は~です。)を作ろうとしたのですが、‘名前’の台湾語を末巻の索引で探しても見付かりませんでした。
この件に関しては、一度‘台湾語辞書’‘日常台湾語会話’の該当本を探してみようと思います。

上記が受講感想です。

今回の受講は年齢、性別、世代、国籍問わず、様々な人たち(25名?)が寺子屋形式の座布団敷で横並びに座り、皆で一緒に発音練習に励みました。
また来場者の中には、mixi(台湾フォーラム代表者)の掲示板をご覧になった留学生(5、6名)も来ていました。
余談ですが、私の横に座っていた方が教科書を持っていなかったので忘れて来たと思い、二人で一緒に見ながら受講していたのですが授業の終わりで実は‘台湾人留学生’だったというオチもありました!
日本語が上手で違和感無かったので、すっかり日本人だと誤解してしまいました(笑)!
いづれにしても、台湾茶・菓子を頂きながら受ける台湾語の授業はとても楽しかったです!
次回(10/9土.14~16時)も是非、参加したいと思います。

講師の先生方、会場手配頂いた『台湾フォーラム』の皆さま、有難うございました。
今回の『台湾語教室』について、開催内容を下記に参照します。
ご覧の皆様も、興味があればいつでもご参加下さい!!

【京・台湾語教室】
・日時:14~16時 土曜日(第2・4/隔週)
・場所:京・伏見区深草下川原町1-1 コトーハイツA棟 南側1F集会室
 ※JR・稲荷駅、京阪・伏見稲荷駅下車 徒歩10~15分、付近に「ライフ」「工業高校」有
 http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl
・講師:在日台湾人・有志(×2名)
・参加費:\500-/日 ※(留)学生は無料・教科書は各自購入
・教科書:『すぐ使える!トラベル台湾語』近藤綾/温浩邦 著 日中出版(\2310-/定価)
 http://www.amazon.co.jp/すぐ使える-トラベル台湾語超入門-近藤-綾/dp/4817512695

・問合先:台湾フォーラム/事務局
 メール:sayasiapa51jp@docomo.ne.jp
 URL:http://taiwankenkyuforumkansai.blogspot.com/


 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。